脱毛方法で脱毛サロン 比較検討して自身に合っているお店を見つけることもポイント


それまではハリを使って1本ずつ施術を行ってきた中、光を使った脱毛技術の普及によって、近年、数多くの脱毛サロンが誕生しました。そんな脱毛サロンでは、同じ光脱毛でもそれぞれのお店で使用されているマシンにより、施術方法が異なっています。脱毛を検討する場合には自分に合っている脱毛サロン 比較して慎重に選ぶことが大切です。利便性や利用料金はもちろんのこと、どのような手段で施術が行われているのかも、快適に通い続けるための重要な情報になります。

まず、脱毛サロンでは主にIPL脱毛、SSC脱毛、そして近年新しく加わったSHR脱毛などで脱毛が可能です。それぞれに特徴が異なり、施術で得られる効果やメリット、デメリットが違いますので、肌質や毛質に適している方法を採用している脱毛サロン 比較して選んでいくことをおすすめします。

キレイモ、恋肌、銀座カラーで受けられるのが、最も広いシェアを誇っている「IPL脱毛」です。メラニン色素に反応を示す特殊な波長の光を肌に当てることで毛根に熱ダメージを与えて、回数を重ねていくことで最終的に再生力を奪えるように脱毛していきます。太い毛にも作用しやすく脱毛効果が高い光ですが、痛みを感じやすいのでメリットです。ただ、元々エステサロンのフェイシャルエステでも利用されてきた光でもあり、副次的に美肌効果を得ることが可能、保湿性を高めたりシミケアにも作用するとされています。

もう1つ、「SSC脱毛」はミュゼプラチナムや脱毛ラボで採用されている脱毛器で、抑毛成分を含むカプセルが配合されたジェルを塗った上から光を照射するというのが特徴です。ジェルを通す分、痛みを感じにくいのがメリットで、照射と同時にカプセルが弾けて成分が浸透することで、ムダ毛の再生力を抑制することができます。ただ、IPL脱毛と比べると脱毛効果が弱まり、ジェルが身体を冷やしやすくベタつきが気になるというのも欠点です。

そして、最新の脱毛方法としてラココやストラッシュで「SHR脱毛」が行われています。こちらはIPL脱毛やSSC脱毛とは異なり、毛根に熱ダメージを与えるのではなく、その上にある毛根に対して発毛の指令を出しているバルジ領域にアプローチし、ムダ毛の再生を抑えていくという施術です。弱い熱を連射して施術が行われるので刺激が非常に弱く、敏感肌のかたでも安心して施術を受けられます。また、IPL脱毛やSSC脱毛が毛周期に合わせて2ヶ月、もしくは3ヶ月に1回の施術なのに対し、最短2週間から1ヶ月に1回の施術が受けられることから、完了までの期間が大幅短縮できるという特徴があります。ただし、新しい施術方法であることから、完了後何十年も経ってからのムダ毛の再生率に関するデータがありません。また、採用している脱毛サロンが少ないことから、希望しても受けられない可能性が高いでしょう。

こうした施術方法の違いも、脱毛サロン 比較する上で大切なポイントです。多くのお店でカウンセリング時に体験照射もできますので、積極的に利用することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*